スポンサーリンク

【臭い対策】トイレ編!掃除しているのに臭うのは何故?

トイレのニオイ

こんにちは、こんばんは
ニオイ徹底ケアサイトのニケラです。

今日はトイレの臭い編!
臭いっていっても、体臭だけじゃなく色々臭いはありますよね?

嫌な臭いもあれば、いい匂いもあるでしょ?
そんな中でも、生活空間の臭いって
人のお家にお邪魔した時や、たまに実家に帰った時の臭いとか
そういうのも案外気になったりしますよね?

中でも、掃除をしているのになかなか臭いがとれない
トイレの臭いに今日は注目してみました。

スポンサーリンク

掃除してもトイレが臭う原因

頻繁に掃除をしているのに、
なぜ、臭いが取れないんでしょう?

原因は3つあります。
1,汚れが取り切れていない
2、カビが繁殖してしまっている
3,尿が飛び散っている

この3つが主な原因になっています。

掃除がしにくい便器のふちなどに汚れが付着してしまっていて
それを掃除しているつもりが掃除しきれていなくて
臭いの原因になってしまっています。

トイレ掃除って便器を洗うだけじゃなく
細かい部分も掃除しないと臭いを発生させてしまうんですよね。

掃除の時に気をつける場所

✔便器と床の境目
✔天井や壁
✔タンクの中
✔便器の淵の裏側

目に見えない場所や掃除しにくい場所は
汚れも溜まってしまいやすく臭いの原因になります。

臭い対策ができるトイレの掃除方法

まず、トイレ掃除の基本
順番を守ることで雑菌を広げないことが大事ですね。
1,便器
2,壁
3,床

この順番ですると雑菌を広げにくくなります。
週に1度は全体掃除はした方がいいでしょう。
汚れを見た時はすぐに掃除ですけどね。

この順番を守りながら
1,便器のそうじ
ここはタンクから始めましょう。掃除の基本、上から下です。
タンク→便座→便器の中→便器の外の順番で掃除しましょう。
タンクはシンク部やレバー部は見落としがちですが、雑菌の溜まりやすいところです。
便座をあげたとき便座の裏側にべっとりと尿がついていることがあります。


最近は座って用をたすことが多くなっているのであげたときにびっくりする場合も!
便器の中もしっかりたわしなどで落としましょう。便器のフチの裏側は見えないところなので尿石も溜まりやすい部分です。ためる前に落とすことを心がけましょう。
便器の外側もホコリや飛び散った尿なども付着している場合があるのでしっかりと拭き取りましょう。

2,壁のそうじ
壁そうじももちろん上から下の基本は守ってね。
壁のそうじは毎回するのは大変ですよね。
全体をするのは月に一度程度にし、汚れの飛び散りやすい便器の両脇や腰の高さくらいの部分を重点的に行いましょう。

3,床のそうじ
床掃除は本来は奥から手前ですが、便器に遠いところからするのがいいでしょう。外回りから内へ向かってといったイメージでしょうか?
床はトイレブラシと同等くらい汚れているそうです。
床と便器の間は特にそうじしにくい部分なので入念に行いましょう。

ニオイ対策で重要なのは菌が繁殖しないようにするということです。

毎日のそうじが大変なんて方はまずは飛び散り防止のため流すときはふたをしてから流す!
これは簡単ですよね。意外に流すときにも飛び散っているんです。でも、フタをすることでその飛び散りは防げます!

換気をよくすることも大事です。トイレの換気扇は意外とそうじ不足でホコリが溜まっていることがあるのでしっかり換気扇はチェックしましょう。

トイレの臭い対策グッズを紹介していきたいと思います。

トイレ掃除オススメグッズ

トイレ掃除のオススメグッズを紹介していきたいと思います。

床掃除編
床を掃除するなら厚手の生地タイプがオススメ。
その中でも一番人気なのはトイレクイックルの消臭ストロングタイプ!

トイレクイックル消臭ストロングフレッシュハーブの香り本体

購入はこちら

ちょこっと掃除するのにトイレクイックルを1枚使うのは
もったいないなと思う方にはこちらの豆ピカがオススメ!
トイレットペーパーにシュッとしてお掃除ができます。

ルックまめピカトイレのふき取りクリーナーつめかえ用

購入はこちら


便器編

便器を掃除するとき、ブラシを使うと思うんですが
そのブラシにも菌が沢山付着してしまって臭いの原因になります。

なので使い捨てがオススメ。

スクラビングバブル流せるトイレブラシ本体+付替4コ入

購入はこちら

タンク編

タンクの蓋を開けて掃除するのは大変!
なのでタンクの蓋を開けずに洗浄するタイプのものが人気です。

トイレキレイトイレタンク洗浄剤

購入はこちら

トイレの臭いまとめ

毎日のちょっとのお掃除で臭いは全然変わってきます。
毎日掃除する場所を決めて
今日は床だけ、今日は便器だけなど
ちょこちょこっとするのが一番ベストな方法だと思います。

タンクの中など、自分で掃除するのが大変な所は
プロにお任せするのもいいと思います。
一度プロの方に掃除してもらってから
その後は毎日ちょこちょこ掃除をするといいかもしれませんね。