スポンサーリンク

バジルの育て方についてまとめてみた。種類や育てるコツって?

アロマ・ハーブ

こんばんは、ニオイ徹底ケアサイトのにけらです。

自宅でバジルを育ててみたいけど
失敗したら嫌だしなーなんて躊躇していませんか?

にけらも最初は躊躇しましたが初挑戦!

スイートバジル
画像:にけら宅のスイートバジル

バジルは沢山あるハーブの中でも
初心者の方でも育てやすい植物です。

そんなバジルについて
・種類
・育てるコツ
を紹介していきたいと思います。

この記事を読み終わるころには
バジルを育てよう!と決心がついているはずです!

スポンサーリンク

バジルの育て方

バジルを種から育てるなら、種植えは4月から6月頃が最適です。
でも初心者の方なら苗を買ってきて育てるのがオススメ。
苗から育てるほうが失敗がないですよ。

用意するもの
・バジルの苗
・スコップ
・ラベル
・鉢
・培養土
・鉢底石
・鉢底ネット

適した土
市販のハーブ用培養土を使っても大丈夫です。
バジルは水はけのいい土で育ててあげるのがいいので
自分で配合する場合は赤玉土6、腐葉土3、バーミキュライト1の配合がオススメです。

水やり
乾燥に弱いので、夏場は水やりは注意しましょう。特にプランターや鉢での栽培は、庭植えに比べると乾きやすくなります。
土の表面が乾いてきたらたっぷりと水やりを行いましょう。夏は土の乾燥を防ぐために腐葉土などを土にかぶせて乾かしすぎないように。
水やりは午前中に済ませてね。

背丈が伸びてきたら摘芯をして下さい。(目安としては20センチ程で)
10月くらいまで、楽しむ事ができます。

バジルも花が終わったあと、種を結ぶので採取して
次の種まきで増やす事ができます。

ただ、種が小さいので気がつかないうちに
種が落ちてしまってる事があるので確実に種を取るには
ネット袋などで花がしぼみきる前にかぶせておくと確実に収穫できますよ。

種を取っておくと次の楽しみにも繋がりますよね。

バジルの苗はこちらから

バジルの種類って?

バジルはシソ科メボウキ属の多年草。日本では一年草。

バジルは膨大な数の品種があるそうです。
しかし、ほとんどのバジルはスイートバジルの栽培品種だそう。

一般的なものをご紹介

スイートバジル
バジルといえば基本的にはこのスイートバジルのことをいいます。
タイでは「ホーラパー」と呼ばれているそうです。

ホーリーバジル
インドやネパール、オーストラリアが原産のもので、タイでは「ガパオ」って呼ばれています。
その名の通りガパオライスの香り付に使用されています。

レモンバジル
シトラスバジルとも呼ばれています。
葉は小さめのレモンのような香りが特徴。

バジルの苗はこちらから

バジルを育てる時のコツと注意点

バジルを育てる時のコツはしっかりバジルを観察する事です。
しっかり観察をしていると害虫からの被害も広げさせなくてすむからです。

苗を選ぶ時の注意点
虫がついていたり、葉の色が悪いのは避けて下さい。
根がしっかりしているものを選びましょう。

バジルは日なたが好きですが西日、強い日差し、乾燥が嫌いです。
強光の当たらない、風通しのいいところに置いてあげてくださいね。
でも基本的には丈夫な性質の植物です。

バジルのまとめ

バジルは今から育てるのにピッタリのハーブです。
ハーブ初心者でも挑戦しやすい植物なので
初めてのハーブ菜園にオススメです。

自宅でハーブを育ててみたい!
でもちゃんと育てられるか自信がない
なんて方でも大丈夫ですよ!

ぜひ、バジル作りに挑戦してみてください。
にけらもがんばろ!

スイートバジル
画像:スイートバジル

バジルの苗はこちらから